ピラティスを伝えるということ

日々の生活の中で仕事や連続的な動きの中で様々な身体の癖がついてしまいがちな私たち。

姿勢や歩き方ひとつで身体の調子は良くもなるし、悪くなってしまうこともあります。

ピラティスではまず自分自身が「気づく」ということがとても大切。

 

痩せたい、身体を絞りたい、そのために必要なことは過度な食事制限でもなく、やみくもに過度なエクササイズをすることでもなく、「なぜそうなったのか?」を考え、その原因に気付く必要があります。

怪我をしやすい、故障が多い、それも同じ。もちろん治療は必要ですが、大切なのはなぜ怪我をしやすいのか、故障が多いのか、原因を考えて自分の姿勢、歩き方、身体の使い方を見直すことが大切。ピラティスはエクササイズを通して自分の身体を再教育するメソッドとも言えると思います。

 

ピラティスを伝えるという立場にある私たちインストラクターはとても責任ある仕事をさせていただいています。

ただエクササイズを伝えるだけではクライアントさんの身体は本質的には変わりません。

ダイエットで言えばリバウンドと同じ。エクササイズをするにあたってまずは身体の準備が必要です。

マリジョゼ先生のコアインテリジェンスでは「コアのアビリティ(能力)」を上げることを大切にしています。「ワークアウトではなく、まずワークインを!」身体の中身の組織立てをしっかり伝えなければエクササイズの効果があがらないばかりか、身体を壊してしまうこともあり得ます。私たち運動指導者はその見極めと実践ができなければいけないと思います。

たくさんの指導法や考え方がある中で自分の身体で納得できたこと、理にかなっていることをなるべくわかりやすく皆さんにお伝えすることができるよう努力しています。

 

先週末はマリジョゼ先生の側彎症へのアプローチのWSに3日間参加してきました。背骨が横にカーブしてしまう側彎症は先天性のもの、外傷性のもの、突発性のもの、と様々なパターンがありますが圧迫による呼吸器系への影響やカーブの代償が重力によって強化されるのをを少しでも防いでいこうとするマリジョゼ先生のアプローチ法はとても感慨深いものがありました。解剖学の知識とともにクライアントさんがどう感じているか?のコミュニケーションはとても大切。側彎症だけでなく私たちは多様な姿勢、身体の癖や特徴、を見極めてピラティスを伝えていく責任があることを痛感して戻ってきました。

 

今回もアウェイな環境に緊張しつつ迎えた初日、福岡でのWSなどで顔なじみの方が参加されていたり、コアインテリジェンスで同期だった方がいたり、はたまた全く知らない方のはずだけどFaceBookでの私の友人の投稿に出ていた記憶で私のことを思い出しお声をかけていただいたり(笑)。「FRPもされてますよね?」と話しかけられて。嬉し恥ずかし・・・有名人!?(笑)

遠征するといろんな楽しさがあります。

 

今回もレッスンスケジュール調整に快くご協力いただいた会員の皆さまに感謝です。

いつもありがとうございます。

 

(の、伸びる・・・!)

 

ジェニファー先生の産前産後ケアコースで同期だった北九州のさおりさんと東京で再会!拍手

 

 

桜の花が早くみたいなラブラブ

 

長崎でピラティス

スプラウトワークス植物

Studio BLUE

ミワコ

 

 

 

 

スプラウトな日々


コメント
コメントする








   

メニュー

新着記事

コメント

  • 3月レッスンスケジュール♪
    Studio BLUE
  • 3月レッスンスケジュール♪
    川ちず
  • 自然に楽に呼吸ができるために。
    原口千春
  • まだまだ・・・これから・・・もっと!
    miwako
  • まだまだ・・・これから・・・もっと!
    takako
  • FRP体験会報告♪
    ミワコ
  • FRP体験会報告♪
    takako narabayashi
  • ももちゃり♪
    miwako
  • ももちゃり♪
    kimi
  • 長々と立ち話・・・
    ミワコ

アーカイブ

Sprout worksについて

[ピラティスでこころとカラダの調和の芽を育てたい]と、いう思いをこめたミワコピラティスの名前です。

sprout・・・ 生長し始める、発芽する
works ・・・活動、作用、勉強、努力、仕事

自分自身も勉強を続けながら、一人でも多くの方々にピラティスを知っていただきたい、 こころとカラダを調和させて健康に楽しく人生を過ごしていくお手伝いが少しできたら・・・、そんな思いが詰まった大切な名前です。

私が生まれ育った大好きな長崎からピラティスパワーを発信していきます!

Special Thanks!

サイト内検索

others

携帯サイト

qrcode